iMessage用ステッカー情報配信中!

 

ステッカーを作る:

07.アプリ名を日本語で表示させる(ローカライズ)

ここで紹介するアプリのローカライズとは、iMessage作成時に、アプリ一覧に表示される"アプリ名を日本語で表示させる"方法です。ローカライズの設定をしておくと、デバイスの言語設定に応じて、対応する設定がある場合のみアプリ名が自動的に切り替わります。

iOSシミュレータのiMessageアプリが一覧表示されている

ネコデアル(第1弾)」はこの設定の仕方が分からなかったので、ローカライズされていなくどの言語設定の人がアクセスしても"Necodeal"と表示されます。「そしてネコデアル(第2弾)と「もっとネコデアル(第3弾)はローカライズしているので、日本語設定のデバイスでは設定してある日本語が表示されています。

 

「InfoPlist.strings」ファイルを作成する

  1. [File] - [New] - [File]を選択。
    InfoPlist.stringsファイルの作成方法解説
  2. "Create a template..."で下にスクロールして[Strings File]を選択し[Next]をクリック。
    InfoPlist.stringsファイルの作成方法解説
  3. ファイル名を「InfoPlist.strings」(大小文字に注意)に変更、ファイルの場所はデフォルトのまま(Xcodeが作成したプロジェクト名のフォルダ)で"Targets"項目の"StickerPackExtension"にチェックを追加して[Create]をクリック。
    InfoPlist.stringsファイルの作成方法解説
  4. XcodeのナビゲーションバーにInfoPlist.stringsが追加されるのを確認する。(プロジェクトフォルダの直下)

 

アプリ名の表示言語の設定(ローカライズ)

  1. ナビゲーションバーからInfoPlist.stringsを選択し、ファイルインスペクタの”Localization”の[Localize...]をクリックする。
    InfoPlist.stringsファイルのLocalize設定
  2. ナビゲーションバーでプロジェクト名を選択し、エディタエリアの"Select a project or target"が[Project >プロジェクト名]になっていることを確認し、"Localizations"の[+]をクリックしてメニューから[Japanese(ja)]を選ぶ。次の画面でそのまま[Finish]を選択する。
    InfoPlist.stringに日本語を追加する
  3. ナビゲーションバーInfoPlist.stringsの横に三角がつくので、それをクリックすると複数のInfoPlist.strings(Engilsh/Japanese)が出てくる。
    InfoPlist.stringsが追加されたのを確認
  4. それぞれのInfoPlist.stringsに以下の記述を追加する。最後のセミロコンを忘れないように。
    名前は、漢字かなは6(もしくは5)文字、英字は13文字以内とすると、一覧表示で省略されずに済む。半角カナで文字数を増やすことも可能。

    CFBundleDisplayName = "つけたい名前";

    それぞれのInfoPlist.stringsCFBundle...の記述を追加
  5. ナビゲーションバーでプロジェクト名を選択し、エディタエリアの"Select a project or target"が[Targets -StickerPackExtension]になっていることを確認。"Infoタブ"の項目にポインタを当て、表示された[+/-]の[+]をクリックして項目を追加、メニューから[Application has localized display name]を選ぶ。
    StickerPackExtensionのKeyとValueの追加
  6. "Application has localized display name"のValue値を[YES]にする。
    Application has localized display nameのvalue をYESにする
  7. iOSシミュレータを起動し、設定言語を切り替えてアプリ名の表示が変わることを確認する。
    • 設定言語の切り替えは、[ホーム]-[設定/Settings]-[一般/General]-[言語と地域/Language&Region]-[iPhoneの使用言語/iPhone Language]で選択。
    • シミュレータでホーム画面出す: Command+Shift+H
      iOSシミュレータの設定言語を切り替えてアプリ表示言語が変わったのを確認する

 

上矢印
(c)2016 NobukoKuronuma

  1. InfoPlist.stringsファイルの作成方法解説
  1. InfoPlist.stringsファイルのLocalize設定
  2. InfoPlist.stringに日本語を追加する
  3. StickerPackExtensionのKeyとValueの追加
    • iOSシミュレータの設定言語を切り替えてアプリ表示言語が変わったのを確認する

iMessage用ステッカー情報配信中!

iOSシミュレータのiMessageアプリが一覧表示されている

  1. InfoPlist.stringsファイルの作成方法解説
  1. InfoPlist.stringsファイルのLocalize設定
  2. InfoPlist.stringに日本語を追加する
  3. InfoPlist.stringsが追加されたのを確認
  4. それぞれのInfoPlist.stringsCFBundle...の記述を追加
  5. StickerPackExtensionのKeyとValueの追加
  6. Application has localized display nameのvalue をYESにする
    • iOSシミュレータの設定言語を切り替えてアプリ表示言語が変わったのを確認する

iOSシミュレータのiMessageアプリが一覧表示されている

  1. InfoPlist.stringsファイルの作成方法解説
  2. InfoPlist.stringsファイルの作成方法解説
  3. InfoPlist.stringsファイルの作成方法解説
  1. InfoPlist.stringsファイルのLocalize設定
  2. それぞれのInfoPlist.stringsCFBundle...の記述を追加
  3. StickerPackExtensionのKeyとValueの追加
  4. Application has localized display nameのvalue をYESにする
    • iOSシミュレータの設定言語を切り替えてアプリ表示言語が変わったのを確認する

iOSシミュレータのiMessageアプリが一覧表示されている

  1. InfoPlist.stringsファイルの作成方法解説
  1. InfoPlist.stringsファイルのLocalize設定
  2. InfoPlist.stringに日本語を追加する
  3. StickerPackExtensionのKeyとValueの追加
  4. Application has localized display nameのvalue をYESにする
    • iOSシミュレータの設定言語を切り替えてアプリ表示言語が変わったのを確認する