iMessage用ステッカー情報配信中!

 

ステッカーを作る:

02.下準備、設計

  1. ステッカーの設計
    • コンセプト
      • 私の場合、意識すればするほど発想が窮屈になって何も出てこなくなってしまうので、とりあえず白い紙と鉛筆を用意していくつか絵を描いてみた。その中で一番イキイキしていたネコの絵でさらに数ポーズ展開できそうなので、これに決める。(一般的には「ネコ」「クマ」「パンダ」が売れる特徴らしい)
      • 文字入力の手間が省けるメッセージが明言されたステッカー
    • ターゲット
      ターゲットが絞られていると絵のポーズや選ぶ言葉も決めやすいと思うけれど、こちらも最初は特に決めなかった。イラストの描き出しは「おはよう」とか「元気?」とか一般的な言葉から始め、どんどん描くうちにキャラクター像が自然と出てきた。
      ゆるさもかわいさもキモさもウザさも、ちょうど真ん中レベルを求めている方へ。」
    • 言葉/フレーズ
      • イラストのみにするか、言葉を入れるか、の検討。
        「ネコデアルステッカーは、「文字を打つのがめんどくさい時の代用になるもの」にしたかったので文字入りにした。
        完成して実際に使ってみると、文字があるとイラストの使用状況が限られてしまうのでない方が良かったかなと思う。
        もう一点、ネコデアルは他言語に変えてのステッカーのリリースが可能かをLINEと比較してみたかった(LINEは同エリアでの販売は不可)ので、言葉を入れて作成した。」
      • ステッカーのフレーズを書き出す。最初はざっくりと「挨拶」「喜」「怒」「哀」「楽」「その他」に紙を分けて、思いついた言葉と、ある場合にはその「対語」を横に書き出す。「サンキュー」「ありがとう」「ありがとうございます」のようにレベルのある言葉も横に書き出す。これだけで30個くらいの基本形は完成。
        「おはよう、さようなら、バイバイ、ありがとう(軽)、ありがとう(深々)、また明日、そろそろ寝ます、やったー、ラッキー、嬉しすぎ、おつかされま、ファイト、ごめんね、申し訳ありません、ノープロブレム、ショック、あちゃー、よろしく、ブラボー、...(ノーコメント)、?、?!、??、了解、恥ずかしい、あ...(頑張ったけどダメだった)、OK、NG、ふふふ、ウケる、えっ?(冷や汗)、え...(蒼白)、疲れた、酔っ払い、満腹、お腹が痛い、歯が痛い、泣ける、大泣き、頑張るぞ、怒り、大怒り、やばい(焦り)、パチパチ、痩せた、太った」
      • 基本の言葉以外は、思いついたものをその場でどんどんメモしていく。

    • LINEスタンプは8/16/24/32/40個という決まりがあるが、iMessageは特に決まりはない。自分のつけたい金額とクオリティのバランス、販売されているステッカーとの設定バランスを見て決める。
      「ネコデアルは当初は20個(無料)、30個(¥120)にする計画だったが、全部無料にする。」

  2. イラストの下絵
    • 描きなれた紙と鉛筆でスタート
    • 大きさは気にせず描きやすいサイズでOK
    • 方眼がある用紙だとポーズの目印になるので描きやすい
    • iPadでトレースする場合の下絵は
      • トレース用にペンでなぞる必要はなかった
      • 間違の線をそれなりにしっかりと消したり、消しゴムのカスを綺麗に払う必要なし

ネコデアルの下絵の写真

 

上矢印
(c)2016 NobukoKuronuma

iMessage用ステッカー情報配信中!

ネコデアルの下絵の写真

ネコデアルの下絵の写真

ネコデアルの下絵の写真